【4/25中日新聞】大飯「地震想定に欠陥」 控訴審、島崎元規制委員が証言【一面】・規制委を真っ向否定 大飯原発訴訟で島崎氏/地震計算式「使い方 間違い」【核心】

大飯「地震想定に欠陥」 控訴審、島崎元規制委員が証言

2017年4月25日【中日新聞・朝刊・一面】
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017042502000060.html

島崎邦彦氏
写真

関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟控訴審の口頭弁論が二十四日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長)であり、原告の住民側証人として出廷した元原子力規制委員の島崎邦彦・東京大名誉教授が、関電による地震想定について「過小評価の可能性があり(算出方法に)大変な欠陥がある」と主張した。

島崎氏は地震予知連絡会長や日本活断層学会長を歴任。二〇一二年から二年間、規制委の委員長代理を務め、大飯原発の地震対策の審査を指揮した。内藤裁判長は島崎氏を「最も重要な証人」と述べており、判断に影響を与える可能性がある。

大飯原発の審査で関電は、耐震設計の目安となる揺れ(基準地震動)について、原発付近の断層面積などから地震の規模を推定する計算式に基づき、最大加速度八五六ガルになると想定している。

この日の証人尋問で島崎氏は、規制委を退任後の研究や昨年四月の熊本地震の観測データを踏まえて証言。関電が使った計算式を大飯原発周辺のように震源断層が垂直に近い場所に適用すると、地震の規模を小さく見積もる可能性があると指摘した。

島崎氏は昨年六月、同様の見解を規制委に伝え、基準地震動の再考を求めたが、規制委は「見直す必要はない」と結論付けている。

閉廷後の記者会見で、原告の島田広弁護団長は「(規制委の)審査がずさんで、不十分なことが明らかになった」と証言の意義を強調。関電は「本日の尋問によって、当社の主張が影響を受けることはない。大飯原発の安全性が確保されていることを引き続き説明していく」とのコメントを出した。

一四年五月の一審・福井地裁判決は「大飯原発には一二六〇ガルを超える地震が到来する危険がある。(地震対策に)構造的欠陥がある」として二基の再稼働の差し止めを命じ、関電などが控訴した。

=====

規制委を真っ向否定 大飯原発訴訟で島崎氏

  地震計算式「使い方 間違い」

【中日新聞・核心】2017年4月25日

関西電力大飯原発(福井県おおい町)の運転差し止め訴訟の控訴審。原子力規制委員会で委員長代理を務めた島崎邦彦東大名誉教授が二十四日、法廷に立ち、関電が想定する地震の揺れが「過小」だと改めて指摘した。規制委は近く、大飯原発の新規制基準への適合を正式に認める公算が大きいが、審査の信頼性が問われそうだ。(中崎裕)

 ■過小評価

「必要な審査がまだ行われていない」。島崎氏は証人尋問の冒頭から、大飯原発の地震想定を巡る規制委の審査を真っ向から否定した。

二O一四年まで規制委で大飯原発の地震想定を審査してきた島崎氏。この日は「退任後に調査し過小評価と分かった」と説明し、「(当時から)他の式より小さいと分かっていたが、こんなに大きな影響があるとは誰も知らなかった」と証言した。

問題となっているのが、地震の規模を算出する入倉・三宅式と言われる計算式だ。証人尋問で島崎氏は「この式が悪いといっているのではなく、使い方が間違っている。地震発生前に使うと過小評価になり、地震の強さに大きな影響を与える」と語った。地震を起こす断層面の詳しいデータを前提とする計算式のため、発生前で断層のデータが長さなどに限られる状況で使うのは不適切と主張した。

 ■保守的?

これまで関電や規制委は、活断層を詳細に調査しているので、計算に問題ないとの立場を示してきた。関電は大飯原発で想定する地震について、当初は海底にあるFO-A断層とFO-B断層の連動としていたが、審査の過程で内陸の熊川断層を含めた三連動で評価をやり直した。さらに断層を浅く設定することを求められ、揺れの強さを七OOガルから八五六ガルに引き上げた経緯がある。規制委も島崎氏の新たな主張を踏まえた上で、関電の想定を「十分に保守的」と厳しく見積もっているとの見解を示していた。

しかし、島崎氏は証人尋問で「(海底の)音波探査は深さ二百~三百メートルまでで、詳細と言っても表層にすぎない」と述べ、「保守的ではない」と指摘。「三連動にして増えた揺れの強さは8%だが、式を変えると80%増え、桁が違う」と語った。

 ■玄海原発も

関電は近接する高浜原発(福井県高浜町)でもこの計算式を採用して揺れを算出している。大阪高裁は三月に運転差し止めの仮処分を取り消した決定で「関電は震源断層を保守的に評価している」と認め、この計算式を使った規制委の審査を妥当と判断した。この裁判で弁護団長を務めた井戸謙一弁護士は、島崎氏の証人尋問後「今回の証言は覆すに余りあるもの。反撃する大きな材料を与えてもらった」と話し、大津地裁で続く高浜原発の運転差し止め訴訟にも追い風だと期待した。

島崎氏は、計算式の問題について断層の傾きが垂直に近い西日本で過小評価になりやすいとの見方を示している。弁護団は「(四国電力)伊方原発と(九州電力)玄海原発でまず問題になる」と語り、地震ど原発を巡る論争が各地で再燃する可能性がある。

<証人尋問での主な論点>

島崎氏の証言       関西電力や原子力規制委員会の見解
----------------------------
地震の想定   保守的ではない     3連動で保守的な評価
----------------------------
関電の計算式     詳細調査しても使えない    調査すれば使える
----------------------------
規制委の審査  不十分          事実上の「適合」

 

(写真) 関西電力大飯原発の3号機(手前)、4号機=1月、福井県おおい町で、本社ヘリ「おおづる」から

広告
カテゴリー: 裁判, 中日東京新聞・特報 タグ: パーマリンク