5/15高浜運転差し止め仮処分を申請 福井地裁支部に住民【中日新聞・社会】坂井市の松田正さんと今大地晴美敦賀市議!

高浜運転差し止め仮処分を申請 福井地裁支部に住民

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017051590112600.html
【中日新聞・社会】2017年5月15日 11時26分

再稼働を控える関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを求め、福井県の住民2人が15日、福井地裁敦賀支部に仮処分を申請した。

2人は2014年に同じ2基の運転停止を求めて同地裁に仮処分を申し立てた坂井市の松田正さん(67)と今大地晴美敦賀市議(66)。申立書では、事故が起きて放射性物質が拡散されれば人格権が侵害されると訴えている。松田さんは「事故が起きれば取り返しのつかないことになる原発に確率論は合わない。何としても止めなくてはならない」と話した。

14年の申請を受け、福井地裁は15年4月に運転を禁じる決定をしたが、関電の異議申し立てで、地裁の別の裁判長が同年12月に決定を取り消し、2基は再稼働した。

昨年3月には大津地裁が滋賀県の住民の主張を認めて2基の運転停止を命じたが、今年3月に関電の抗告を受けた大阪高裁が決定を取り消した。4号機は17日にも再稼働する見込みで、3号機は16日までの予定で核燃料の装填作業中。

(中日新聞)

広告
カテゴリー: 裁判, 再稼働 パーマリンク