6/8大飯の新基準適合「施行前より安全」 県専門委で委員長【中日新聞・福井】第89回原子力安全専門委員会 配布資料

いまだに「入倉・三宅式」!あきれてしまう。
島崎邦彦先生をお呼びするのが怖くてしかたないらしい中川委員長って関電のまわしものなの?
議事録はまだだけど、資料はアップされている。8メガもあるようなパワポをUPする必要はない。最小サイズなら3メガでできる。

第89 回原子力安全専門委員会 配布資料(pdf)

 

昨日6/7の専門委は6/5に告知されるも、今回は高浜再稼働をにらんでいた福井県のネットワークで広まっていたとのこと。
だいたい三ヶ月おきだから、そろそろって皆注目していたと思う。

=============

大飯の新基準適合「施行前より安全」 県専門委で委員長

http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20170608/CK2017060802000028.html
【中日新聞・福井】2017年6月8日

県原子力安全専門委員会は七日、県庁で会合を開いた。中川英之委員長(福井大名誉教授)は、関西電力大飯原発3、4号機(おおい町)が五月二十四日に新規制基準に適合したことについて、新基準施行前の二〇一二年に二基が再稼働した当時より「はるかに安全な状態だと思う」と述べ、理解を示した。二基が再稼働する前に現場で安全性を確認する意向も示した。

会合終了後、報道陣の質問に答えた。会合には有識者の委員九人のほか、原子力規制庁や文部科学省、県、関電などの関係者らが出席。委員の一人は、耐震設計の目安となる地震の最大の揺れ(基準地震動)について、原子力規制委員会の島崎邦彦前委員長代理らが「過小評価している」と指摘していることに言及。同委員は島崎氏らの専門委への出席を提案した。規制庁側は、地震の想定に問題はないとの認識を示した。

関電には、大飯原発と、高浜原発(高浜町)で、原子力災害が同時発生した場合の対応に関する質問も出た。中川委員長が「対応シナリオはできているか」と尋ねたのに対し、関電の担当者は「これからというところ」と同時災害を想定した対応を詰めていないことを認めた。中川委員長は会合終了後、島崎氏の専門委出席の提案に「特に呼ぶ必要はない」と述べた。

(平野誠也、山本洋児)

広告
カテゴリー: 福井県原子力安全委員会 パーマリンク