7/20高浜差し止め申請、関電が却下求める 福井地裁第1回審尋【中日新聞プラス】

敦賀支部に仮処分を申し立てたはずなのに、福井地裁本庁に回されたというので話題になっていた昨日の裁判。
代理人の弁護士を立てずに仮処分の申し立てをなさっているというのも記事に書いてほしいものです。

次回は十月十三日(金)とのこと。

==================

高浜差し止め申請、関電が却下求める 福井地裁第1回審尋

2017/7/20【中日新聞プラス】
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=474582&comment_sub_id=0&category_id=113&from=news&category_list=113

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを県内の住民二人が求めた仮処分申し立ての第一回審尋が十九日、福井地裁であり、関電は申し立ての却下を求めた。次回は十月十三日。

審尋は非公開。住民側の「深刻な事故が起きると人格権が侵害される」との主張に、関電は答弁書で「3、4号機は原子力規制委員会による新規制基準に適合しており、地震への安全性を確保している」と反論した。

審尋後の記者会見で、申し立てをした同県坂井市の松田正さん(六八)は「原発は避難計画を作らねばならない発電設備であり、危険を内包している」と主張。同県敦賀市議の今大地-こんだいじ-晴美さん(六六)は「原発が北朝鮮のミサイルに狙われたら、想像を絶する悲惨なことになる」と不安を訴えた。

3、4号機を巡っては、大阪高裁が三月、運転差し止めを命じた大津地裁の仮処分を取り消す決定をした。4号機は六月から、3号機は今月から、それぞれ営業運転に移行している。

広告
カテゴリー: じーじ, 関西電力, 裁判 パーマリンク