去年11/7「内ヶ池環境学習」【大阪府】

去年、都市クリエイトの産廃焼却炉問題が起こる数ヶ月前に、こんなイベントが行われていたなんて、金めあての環境破壊の悪徳企業としか思えないアイテックもマエコーエンタープライズも大和ハウスも知らなかっただろうなぁ。

==================

内ヶ池環境学習

http://www.pref.osaka.lg.jp/hokubunm/nattoku/utigaike28.html
更新日:平成28年11月7日【大阪府】

高槻市内ヶ池で小学生が環境学習を行いました!

日 時:平成28年10月20日(木曜日) 午前8時50分から午前12時30分

場 所:内ヶ池(高槻市梶原中村町)

参加者:
高槻市立五領小学校 3年生 64名
高槻市立上牧小学校 3年生 47名
高槻市東部土地改良区
たかつき環境市民会議
高槻市都市創造部下水河川企画課
大阪府北部農と緑の総合事務所

高槻市の上牧小学校と五領小学校の3年生が、身近な農業用ため池「内ヶ池」と自分たちの周りの水環境について学習を行いました。昔のお米作りの様子のほか、ため池の整備、下水処理の仕組みまでいろいろな水環境について学ぶとともに、実際内ヶ池に行って水質調査や生き物調査を体験し、理解を深めました。

昔のおこめづくりについて
授業の様子
下水の話

農業用水の管理をされている高槻市東部土地改良区の長谷川さんから、昔のお米作りについて教えていただきました。昔は、みんなの住んでいるところも、たくさん田んぼがあり、舟に乗って作業をしていたんだよ!と聞いて、子供たちも驚いていました。

次に、内ヶ池のお話です。水をきれいにするために、どんな工夫をして工事を行ったか、これからきれいに保っていくために自分たちに何ができるか、一生懸命考えて発表してくれました。

最後は、高槻市から下水の仕組みについてお話がありました。みんなが使った水をどのようにきれいにしているか、洪水からみんなを守るためにどんな工夫をしているか、など、わかりやすくお話ししていただきました。

生き物調査

いよいよ内ヶ池で調査です。まずは、水質パックテストを使って、水質の調査。池の水を試薬に入れると色が変わります。結果は、6から8mg/Lという結果でした。整備前は30mg/L以上だったので、整備後、水質はよくなっているようです。また、仕掛けておいた網(もんどり)を引き上げてみると・・
取れた魚

魚やエビがたくさん取れました。外来種のブル-ギルやミシシッピアカミミガメが多くて、生態系を脅かしていることがわかりました。でも、テナガエビ、ヨシノボリ、モツゴ、ヤゴ・・なども見つかりました。内ヶ池は、農業用のため池ですが、いろんな生き物のすみかでもあるんですね!

そだの説明

最後にたかつき環境市民会議から、生態系を守るための工夫について聞きました。ソダという木の枝などの束を浅瀬に沈めて、生き物が住みやすい工夫をされています。一人ひとりにできることは何かな?とみんなで考えました。

広告
カテゴリー: 公害, 上牧産業廃棄物焼却場問題 パーマリンク