10/14 2017高槻「タチソ」見学会のご案内【高槻「タチソ」戦跡の保存の会】

2017高槻「タチソ」見学会のご案内

1945年の敗戦から72年もの歳月が流れ、太平洋戦争後に生まれた人がすでに全人口の80%以上になりました。そして、例えば、「1945年8月1 5日」に何があったのか知らない、あるいは、教えられたとしても覚えてさえいない人々が増えています。

私たちが住む高槻市の山間部、JRや阪急の駅から北へバスで約15分の成合地区には、日本軍による戦争の愚かさを訴える地下工場跡(トンネル群)が今も残っています。

当時、これらのトンネルは「タチソ」と呼ばれ、積み重ねられた研究により、日本人に対しては土地の強制収用や勤労奉仕があり、朝鮮人に対しては強制連行や強制労働があったこと が明らかになっています。最近、数多く発行されている“戦争遺跡案内”の本にも紹介されています。

しかし、地下工場の実態は市民にはまだまだ知られていませんし、行政機関は保存を明言せず、長年の風雨にさらされ、現場は崩壊が進みつつあります。

私たちは、戦争の悲惨さ、無意味さを1人でも多くの方々に伝え、その実態を知っていただくことが“戦争”のない世界に生き、平和を希求する人間の義務ではないかと考えます。

※事前申し込み不要 ※少雨決行 ※参加費(資料代込み) 500円 市バス往復440円

日   時  2017年1014日(土)午前10時~

集合場所 クロスパル高槻(総合市民交流センター)5F.視聴覚室

行   程
上記の視聴覚室にて35分間のビデオを視聴を含め約1時間レクチャー
11時~12時、各自昼食を済ませ、
12時にJR高槻駅南側のバス停(6番乗り場)より市バスに乗車
バス停「成合中町」下車。徒歩(約15分)で現地到着。見学開始(約2時間)

※懐中電灯を必ずご持参ください。また汚れても良い服装・靴でご参加ください。
※午前中のクロスパル高槻でのレクチャーには参加せず、12時からの参加も可能です。

主催 高槻「タチソ」戦跡の保存の会
問い合わせ先 090-4274-5922(橋本)

広告
カテゴリー: 高槻アクション タグ: パーマリンク