9/19「戦争法廃止 諦めない」 渋谷で山城議長ら政権批判「権力の私物化」【東京新聞・社会】9/18「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」の記事

9/19中日新聞の第二社会面「原発も戦争もさようなら」という見出しの記事によると参加者は9500人(主催者発表)という。
東京新聞の第一面にあった写真と同じ。

京都新聞は掲載なしと憤慨されていたのは、台風で参加なさらなかった京都のY氏。

=============

「戦争法廃止 諦めない」 渋谷で山城議長ら政権批判「権力の私物化」

2017年9月19日 朝刊【東京新聞・社会】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091902000108.html

原発廃止や戦争反対を訴えながらデモ行進する参加者たち=18日午後、東京都渋谷区で
写真

安全保障関連法成立から2年の節目を翌日に控えた18日、安保法や原発再稼働に反対する「さようなら原発 さようなら戦争全国集会」が、東京都渋谷区の代々木公園で開かれた。会場では安保法に対し「戦争する国になる」「憲法違反」など懸念の声が上がる一方、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙の方針を固めたことに対しても「疑惑からの追及逃れ」など批判の声が相次いだ。集会後にはデモ行進もあり参加者の声が街中に響いた。 (飯田克志、増井のぞみ)

市民ら九千五百人(主催者発表)が参加。主催した市民団体「『さようなら原発』一千万署名市民の会」の呼び掛け人の作家、落合恵子さんはあいさつで、学校法人加計(かけ)学園の獣医学部新設や、学校法人森友学園の国有地払い下げを巡る疑惑を念頭に、「安倍政権は私たちが(疑惑を)忘れ、支持率がアップしたので選挙に勝てると思っている。これほどやりたい放題の内閣はあったでしょうか」と声を張り上げた。

市民や市民団体でつくる「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の福山真劫(しんごう)共同代表は「安保法は違憲。みんなで戦争法廃止を勝ち取ろう」と呼び掛けた。その上で、「衆院解散は権力の私物化、貧困と格差の拡大を隠すための保身、党利党略で許せない。だが、安倍政権の政策を転換させるチャンス」と訴えた。

米軍新基地建設の抗議活動で長期拘束された沖縄平和運動センターの山城博治(ひろじ)議長は「安倍政権は北朝鮮の脅威をあおって憲法を変え、この国を変えようとしている」と指摘した。

広告
カテゴリー: 再稼働, 安倍退陣, 戦争法案, 中日東京新聞・特報 パーマリンク