10/16反戦、反原発 声高く 「憲法第104条」岐阜のバンド歌う【中日新聞】笠木透さんの歌『日本国憲法第104条』【平戸九条の会】こんな改憲なら賛成するわよ

笠木透さん
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%A0%E6%9C%A8%E9%80%8F

=============

反戦、反原発 声高く 「憲法第104条」岐阜のバンド歌う

2017/10/16 朝刊 【中日新聞プラス】
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=496249&comment_sub_id=0&category_id=113&from=news&category_list=113

「日本国憲法第104条」を歌うGoo連帯の(左から)今井稔さん、二村文康さん、岡崎直樹さん=岐阜県下呂市で

岐阜県中津川市に住み、野外音楽祭「全日本フォークジャンボリー」を企画・運営したフォーク歌手故・笠木透さん(一九三七~二〇一四年)が創作した「日本国憲法第104条」の条文に、親交のあったバンドのメンバーが曲を付け、歌っている。一〇三条まである現行憲法に付け加える条文には、戦争や原発に反対した笠木さんの思いが込められている・・・ (以下、省略)

=============

 『日本国憲法第104条』

http://hirado9jou.blog.fc2.com/blog-entry-7.html
【平戸九条の会】2014/08/09 16:57

人間は たとえ
自分にとってよいことでも
家族にとってよいことでも
会社にとってよいことでも
国家にとってよいことでも
地球にとってよくないことは
してはいけない

上に載せた「日本国憲法第104条」を読んで、とてもわかりやすい条文だとは思わないか。

もちろん、みんなが知っているとおり「日本国憲法」は103条までしかない。上に載せた条文は創作だ。しかし、その心は、よく理解できるのではないだろうか。こんな憲法の条文なら、世界中のほとんどの人たちが賛成するのではないだろうか。戦争でお金もうけをたくらんでいる人たちや、自然をこわしてまでも工場や高速道路を造ろうとしている人たち以外には。

この条文を創った人は、わが敬愛する先輩で、フォークシンガーの笠木透という。1937年生まれだから、戦争が自然を破壊することも、戦後、開発・発展のために自然を壊しつづけたこともわかった上で、提案をしているのだね。

「日本国憲法」は、第9条に象徴されるように「平和憲法」としても世界にふたつとないすばらしい憲法だ。それに自然保護、地球保護にたった条文が書き加えられれば、これほどすばらしいことはない。こんな「憲法改正」だったら、僕も大賛成だ。

広告
カテゴリー: 選挙, 安倍退陣 パーマリンク