3/10大飯原発 僧侶が断食抗議 3号機再稼働中止求め /福井【毎日新聞】

 

大飯原発 僧侶が断食抗議 3号機再稼働中止求め /福井

毎日新聞2018年3月10日 地方版 福井県
https://mainichi.jp/articles/20180310/ddl/k18/040/219000c
.

6回目の断食行に向け思いを話す中嶌哲演さん=福井市で、大森治幸撮影

関西電力大飯原発3号機(おおい町)の再稼働が来週に迫る中、小浜市の明通寺住職、中嶌哲演さん(76)が9日、「10~14日まで断食して抗議する」と発表した。12日から関電本店(大阪市)前で座り込みもする。中嶌さんは「蟷螂(とうろう)の斧(おの)でも良い。原発の再稼働中止を求めたい」と話した。

中嶌さんは、原発を巡る重要な節目と判断した時には、非暴力による不服従の姿勢を示す手段として断食をしてきた。1回目は1977年。県内に当時9基あった原発を増設する動きに対して県庁前などで1週間決行した。昨年5月にも、高浜原発4号機再稼働に抗議して行い、今回で6回目となる。

中嶌さんは「目先の原発マネーと引き換えに再稼働を容認して大事故が起きたら、立地地元も加害責任の一端を免れない」と主張した。【大森治幸】

広告
カテゴリー: 関西電力 タグ: パーマリンク