4/12大飯原発 4号機、来月9日にも再稼働へ 核燃料装着を終了 /福井|4/11福井・大飯原発 4号機再稼働へ燃料装着開始【毎日新聞】

4/22日曜(高槻アクションのある日)に「大飯再稼働反対」集会があるそうですが、近日中に第94回福井県原子力安全専門委員会の開催通知が出ることでしょう。前回は3/8でしたから。

============

大飯原発 4号機、来月9日にも再稼働へ 核燃料装着を終了 /福井

http://mainichi.jp/articles/20180412/ddl/k18/040/287000c
【毎日新聞】2018年4月12日 地方版

関西電力大飯原発4号機(おおい町、出力118万キロワット)の原子炉に核燃料を装着する作業が11日終わり、関電は原子力規制委員会に対して5月2日から起動試験を実施すると届け出た。これにより検査が順調に進めば、大飯4号機は同9日にも再稼働する見通しとなった。【高橋一隆】

既に営業運転を始めた大飯3号機は3月7日に起動試験を始め、同14日には再稼働している。これまでにトラブルはなく、出力や構造が同じ大飯4号機も同様のスケジュールで再稼働し、原子力規制委の検査を経て6月上旬には営業運転するとみられる。県内では高浜3、4号機(高浜町)も営業運転しており、同時に4基の原発が運転している状態になる。

2011年3月の東京電力福島第1原発事故で、全国に54基ある原発は稼働を停止。大飯3、4号機は主な供給先を関西圏とする関電管内の電力不足を理由に、民主党政権(当時)の政治判断でいったんは再稼働したが、13年9月の定期検査で停止していた。一方で運転差し止めを命じる福井地裁判決が出ており、これを不服とした関電は名古屋高裁金沢支部に控訴している。

関電は大飯3号機についても、定期検査を来年4月1日~6月30日に実施する運転計画を原子力規制委に届け出た。
 

 

福井・大飯原発 4号機再稼働へ燃料装着開始

https://mainichi.jp/articles/20180408/k00/00e/040/175000c
【毎日新聞】2018年4月8日 10時22分(最終更新 4月8日 15時53分)

大飯原発4号機内で、原子炉に装着するため燃料貯蔵プール内で移送される燃料集合体=福井県おおい町で2018年4月8日午前10時2分、小出洋平撮影

関西電力は8日午前10時、大飯原発4号機(福井県おおい町)の原子炉に核燃料を装着する作業を始めた。11日には作業を終え、原子力規制委員会の検査を経て5月中旬にも再稼働する見通し。

<川内原発1号機>核燃料棒1本から放射性物質漏れ .
<川内原発>安定ヨウ素剤事前配布、対象者拡充案を了承 有料記事 .
<原発記述修正要求>住民反発「権力の教育への介入だ」 有料記事 .
<東海第2原発>資金めど 規制委に報告、新基準適合へ .
<社説>東海第2原発の新安全協定 「特殊事情」で片付けるな .

関電によると、装着するのは燃料貯蔵プールに保管する柱状の燃料集合体(高さ約4.1メートル、重さ約700キロ)193体。作業は放射線を遮蔽(しゃへい)するため水中で行われ、専用クレーンで引き上げた燃料集合体を原子炉格納容器に移動させて原子炉に装着する。完了後は原子炉の冷却機能や非常用電源設備などを約1カ月かけて確認し、原子力規制委員会の最終検査を受ける。

先月再稼働した大飯原発3号機は10日、営業運転に入る予定。再稼働への工程は、3、4号機とも神戸製鋼所グループなどの製品検査データの改ざん問題で、関係部材の安全点検のため2カ月遅れていた。関電では高浜原発3、4号機(福井県高浜町)も営業運転している。【高橋一隆】
.

広告
カテゴリー: 関西電力, 再稼働 パーマリンク