4/13「真相言わないなら退陣を」【東京新聞・社会】/SEALDs元メンバーが総辞職要求「まともな政治を」【朝日新聞デジタル】大阪府の今夜と明日の森友デモ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

      大阪府の今夜と明日の森友デモ

(1)森友問題はここから始まった!夜デモ

解散場所:十三東公園(阪急十三駅)
https://t.co/wDD6ylAiL2

(2)9条改憲NO!森友疑惑徹底追及!安倍内閣は総辞職を!4/14総がかり集会

4/14おおさか総がかり集会

日時:4月14日(土)午後3時~4時、終了後パレード
会場:うつぼ公園(地下鉄四ツ橋線「本町」駅下車)
《主催》おおさか総がかり集会実行委員会
《協力》戦争をさせない1000人委員会、大阪憲法会議・共同センター、しないさせない戦争協力関西ネット、市民団体など

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「真相言わないなら退陣を」

2018年4月13日 朝刊【東京新聞・社会】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018041302000140.html

安倍内閣の総辞職を求め、国会周辺で抗議活動を行う人たち=12日、東京・永田町で

写真

森友・加計学園問題の徹底追及を求め、市民団体が十二日夜、会見や集会を開き、「本当のことを言って。できないなら辞めて」などと真相究明や安倍内閣の退陣を訴えた。

東京・永田町の参院議員会館で記者会見したのは、森友学園に絡む決裁文書改ざんを機に三月に発足した「Stand For Truth」。メンバーの大学生溝井萌子さん(22)が、加計問題で当時の首相秘書官が愛媛県職員らとの面会時に「首相案件」と述べたと記録された文書は「安倍晋三首相の説明が全くうそだったことを明らかにした」とし、「まともな政治を取り戻すため、安倍政権の総辞職を求める」と声明を読み上げた。

元「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」の中心メンバーだった奥田愛基(あき)さん(25)は、「安倍政権は自分から情報公開していこうということはない。責任は安倍政権にもあるが、自分たちにもある。テレビを見ているだけでは変わらない」と、十四日に国会前で予定する集会への参加を促した。

十二日夜には、国会議員会館前で安倍政権の退陣を求める別の市民団体の集会が開かれ、約千二百人(主催者発表)が集まった。仕事帰りに参加した東京都世田谷区の団体職員鷹林智子さん(45)は「与党はまだ『乗り切れる』と思っているようで歯がゆい。民衆の力で辞めさせたい」。江戸川区の有岡道夫さん(77)は「自民党内で『総理やめろ』の声が出ないのが情けなく腹立たしい」と憤った。

十四日の集会は午後二時から。同じ趣旨の集会は同日、東京以外で少なくとも全国十三カ所である。

(松村裕子、渡辺聖子、柏崎智子)

 

 

SEALDs元メンバーが総辞職要求「まともな政治を」

https://www.asahi.com/articles/ASL4D52GZL4DUTIL02R.html?iref=com_rnavi_arank_nr01
【朝日新聞デジタル】2018年4月13日10時09分

安倍政権の総辞職を求める声明を発表した奥田愛基さん(中央)ら=2018年4月12日午後、東京都千代田区、清水大輔撮影

安全保障関連法制への抗議を展開した学生団体「SEALDs(シールズ)」の元メンバーらが12日、国会内で記者会見し、森友学園をめぐる財務省の公文書改ざんや加計(かけ)学園の獣医学部新設計画をめぐる問題に対する抗議声明を発表した。「真相を解明し、まともな政治を取り戻すため、安倍晋三政権の総辞職を求める」と訴えた。

会見には、公文書改ざんの発覚後に国会前デモを続けてきた学生らを含め20人以上が参加した。SEALDsの中心メンバーだった奥田愛基さん(25)は、デモを通じて安倍政権に説明責任を求めてきたが果たされていないと指摘。「この政権には自分たちから情報を明らかにしようという考えがないのだと思う」と批判した。

14日午後2時から国会正門前で抗議デモを予定していることを明らかにし、「『おかしい』と感じていても、見ているだけでは何も変わらない。国会前に来てほしい」と呼びかけた。

広告
カテゴリー: 安倍退陣 パーマリンク