5/8前川前文科次官、道徳授業危ぶむ 栗東で講演【中日新聞・滋賀】「前川さん!男の中の男だね」とは、バス仲間

ケガで、この前川さんの集会を聴きに行けなかった。
GW後半の宿の予約(3泊)は全てキャンセルという憂き目、でも前半は露天風呂に入ってきたから、全然遊んでなかったわけではないけれど。

===================

前川前文科次官、道徳授業危ぶむ 栗東で講演

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180508/CK2018050802000006.html
【中日新聞・滋賀】2018年5月8日

写真

文部科学省の前川喜平前次官が六日、憲法と教育をテーマに栗東市の栗東芸術文化会館さきらで講演し、安倍政権の教育政策などを批判した=写真。滋賀・九条の会が主催。大ホールは約八百人で満員となり、立ち見やホール外のモニターで講演を聞く人もいた。

前川氏は第一次安倍政権による二〇〇六年の教育基本法改正や、第二次政権の政策で「教育に対する政治の支配が強化されている」と説明。今年四月から始まった道徳の授業については「個人の価値を否定し、国家を重んじる方向に進んでいる」と警鐘を鳴らした。

こうした動きは憲法が保証する教育を受ける権利、個人の尊厳、学問の自由にも反するとした上で「国民が一人一人、意見を持つことが必要。学ばなければ主権者として権利を行使できない」と呼びかけていた。

(市川勘太郎)

広告
カテゴリー: ちたりた パーマリンク