6/15玄海原発4号、16日午前再稼働 九電4基目、6年半ぶり【中日新聞・社会】

玄海原発4号、16日午前再稼働 九電4基目、6年半ぶり

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018061501001757.html
【中日新聞・社会】2018年6月15日 13時53分

九州電力は15日、玄海原発4号機(佐賀県玄海町)を16日午前に再稼働させると発表した。東日本大震災後の2011年12月に定期検査で原子炉を停止して以来、約6年半ぶり。九電にとっては新規制基準で再稼働する原発は川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)と玄海3号機に続き、4基目。再稼働時期は九電の当初想定から大幅に遅れたが、燃料コスト低下による収支改善が期待されている。

九電は15日に原子炉の核分裂を抑える制御棒の機能検査など、再稼働前の全工程を完了。16日午前11時に、制御棒を引き抜き、再稼働させる。16日深夜から17日未明にかけて「臨界」に達する見通し。

(共同)

九州電力玄海原発4号機(手前)と3号機=佐賀県玄海町

広告
カテゴリー: ちたりた パーマリンク