6/25まだまだ止まっている大阪ガス、6/23「第4回関電八木会長 原発やめて下さいパレード」

ガス供給停止・復旧状況 【大阪ガス】
https://ogis-ene3.maps.arcgis.com/apps/webappviewer/index.html?id=b4070a6a1991421681c11cd8dea67404

25日には復旧するはずだったのに、まだガスが止まったまま。


高槻の錦温泉(銭湯)がおおにぎわいだったとか22日に聞いた。
センター街の「天神の湯」はシャワーの無料開放を21日から25日(今日)まで実施。
ガンバスタジアムでも無料だと23日の上牧での「第4回関電八木会長 原発やめて下さいパレード」の後の交流会で高木りゅうた市議からお聞きした。
お風呂といえば梅田スカイビルのフィットネスクラブではガスや水道が停止している全オフィスワーカーの家族含めて、お風呂を提供しているという。
地震のおこった一週間前、センター街のマクドナルドでは「営業はしていませんが、帰宅困難の方はお休み下さい」と休憩場所を提供。
駅には疲れきった人たちが階段に座っていたという。
飲食店は「回転ずし」が一軒営業していて、長蛇の列だったとか。地震のあった日の夕方の状況だ。
うちのアパートの被害はワイングラス2、湯のみ茶碗2が割れただけの被害だった。
買い置きはお水が18リットル、災害用レトルト食品がほぼ3日分の箱、乾パンの缶。
避難所に行くなら電気ポットを持って行ってポリ袋でパッククッキングをするつもりだった。南海トラフが控えているから、今度避難所暮らしなら持っていこう。

地震が月曜にあって、その震源地に電力会社の会長が住んでいるとあっては、大雨だろうが大阪・京都から18人もの方々が「第4回関電八木会長 原発やめて下さいパレード」に集まった。
反原発デモは人数じゃない。どれだけ熱い志の人たちが集まるかだ。

=============

申し入れ書

関西電力株式会社 代表取締役会長 八木 誠 殿

貴社が所有するすべての原発の即時廃炉を決定してください。

私たちは、2011年の福島原発の事故を受けて、原発の危険性、怖さについて思い知らされました。

きっと貴方もそうであったに違いありません。あの福島の事故以後、住民の大多数が脱原発を求めていることはご承知の通りです。
いうまでもなく事故というものは、想定外の状況で起こるものです。なぜなら想定内であれば事故は未然に防げるからです。福島の事故を含め、あらゆる事故は想定外が起こりうることを如実に示しています。

したがって今後原発を運転していくうえで貴方に課せられた課題は、『たとえ過酷事故が起こったとしても、福島のような事態にはならない。』ことを保証するものでなければなりません。原子力規制委員会が定めた新基準も「安全を保障するものではない」という規制委員長(当時)の言葉の通りであります。

そしてこの間に下された、三度にわたる仮処分の内容は、「人格権を侵害してはならない」、「福島の経験から半径250㎞の人々は被害者である」、「関電は十分に説明責任を果たしていない」などが大きな理由です。

福島の原発事故で明らかになった、放射能に対する規制がないなどの原子力産業に対する、いわば治外法権的な立場を良いことに貴社は、高浜原発4号機と3号機に続き大飯原発3号機と4号機を再稼働しています。

このことを貴方は十分にご理解されたうえで再稼働しているわけですから、再び事故が起こったときの責任は重大です。また今の再稼働には大義がありません。電気料金を安くすることは二の次の問題です。電気は十分に足りております。第一に住民の安全を担保することが求められています。

いま原発をやめるとしても、使用済み核燃料の保管、処理の問題や廃炉の問題などがあります。10万年ともいわれる保管期間を保証する必要があります。こういった問題に対応することがいま貴方に求められています。

原発が人類の手におえない発電装置であることは、貴方もよくご存知のことと思います。そして今や電力が余っていることもご存知の通りです。私たちの最低限の責務は子どもや孫たちに安心して暮らせる未来を保障し、残すことです。

私たちは、今稼働している原発をただちに停止するとともに、貴社が所有するすべての原発の即時廃炉を決定されることを強く要望し、申し入れます。

2018年6月23日

6.23上牧行動:「関電八木会長、原発やめてくださいパレード」参加者一同
連絡先 高槻市前島1-11-13 坂元朋則

広告
カテゴリー: 関西電力, 高槻アクション, 地震, 上牧行動 パーマリンク