9/5台風と腰痛

■台風21号

はじめから有休届を出している人以外は出勤扱いにしてくれるというので、昨日9/4は自宅待機していた。
物干し竿を下におろして、折りたたみ台車も玄関に取り入れて、玄米ご飯を2合炊いて、バスタブにお水を張って、麦茶を沸かしてお昼に備えた。
それにしても、目の前で屋根のてっぺんの大棟がはがれていくのがベランダごしに見えた時は恐怖!そのもの。

■温泉

先週4泊ほど、ラドン温泉に泊まっていた。水曜日に一泊。金曜夜から三泊。
連泊したのは湯治客用の格安(バス・トイレなし)の部屋だけれど、禁煙の角部屋で静かな部屋。
金曜日など平日割引で鍼灸院一回分くらいの値段、土日はそれでも五千円以下。ちょっと信じられない値段。最寄りの駅から10時から20時半まで送迎バスが出ているし、朝7時・8時・9時には送りのタクシーを出してくれる。それで露天風呂のある温泉なのだから文句ない(だけど、ラドン温泉なので小出さんに叱られそう)。

■また変な腰痛

湿布も鍼灸も効果がない腰痛が約2週間近く続いてて、いつもと違うのは左わき腹からの腰痛で、どこにシップしたらいいの?といった感じ。
湿布なんてものは一週間もするものではないと言われているので、効果なければさっさと止めたんだけれど、いっこうに効き目が無い。
一週間に二回もストリートオルガンを回したせいというのは直接的な原因かもしれないけれど、立ってチラシを配るのも辛い。
こういった腰痛
「あっあっ また電磁波の大きな乱れたヤツが来そう!」
というデジャブというしかない腰痛は6月18日の前にも経験していたのとよく似ている。

台風の日の朝にターシャ夫人に送信したメール
「坂元さま
火曜日ですが、まさか車で出かけて関電前上牧行動なさらないですよね?
いや囲碁会で台風過ぎ去るまであの殿方と碁盤囲むに違いない。
私は4日間も湯治したのに腰が痛くてあきません(泣)
台風が過ぎたら痛くなくなっていたらいいのに。」

台風の夜21時半頃お送りしたメール
「ラドン温泉三泊湯治でも痛みが消えなかった「左わき腹腰痛」は巨大台風通過でヒュルヒュルと治りました。」

ところが、今朝は6:12のはずの米原行き快速(1時間半遅れ)に運良く乗れたのは良いけれど、なんやかんや3時間近く立ちっぱなしで、また新たな「たぶん普通の腰痛」に見舞われてしまった。
背中もつっぱっている。こういう時に温泉が良いはずなのだけれど、もう飽きてしまった。二泊三日で十分。

台風も地震も多分電磁波と関係しているとしか思いようがない。

広告
カテゴリー: ちたりた タグ: , , パーマリンク