上牧行動主催者新ブログ「高槻のゴミ焼却場のある地区で暮らすばあちゃんの日記パート2」/1/23高槻で送電線切断 病院など停電・市と関電 認識に違い【NHK】

上牧行動主催者の奥様のブログへ昨年末にいやがらせがあって、旧ブログは閉鎖されたそうだ。

新しいブログの冒頭には
「関電と思われる、法律事務所の妨害でパート1が閉鎖のはめになりました。次はパート2です。」
と記載されている。
ひどい話だ。
去年中に最終処分場を決めることが出来なかったことへの、件の日本の伝統的短型詩が気に障ったらしい。
どうせ6/26(水)の関西電力㈱の株主総会で弾劾されるだろうけれど。
http://chikakos.sblo.jp/archives/20190103-1.html

雑誌『No Nukes Voice』vol.2にも書かれていることだが、「原発ゼロ・上牧行動」は、翌年2013年2月26日から在特系ネトウヨ(神鷲皇國会)に襲撃されたことがあった。
そのvol.2だけが売り切れというのは某電力会社に買占められたのだろうか?
出版の鹿砦社の社長さんに今度聞きこみしなくては。

いや 上牧行動主催者の旦那様のコール「MOX燃料大変危ない!冷却期間90年!」かもしれない。

1/23(水)に高槻市街地の松坂屋や平和堂、医大や第一製薬などが大停電となっていたのは、関西電力がちゃんと高槻市の水道局に指示していなかったようだと20:45頃のNHKローカルニュースでは「関西電力」と報道していた

電線のケーブルくらいでとたかを食って貰っちゃ困る。
「そういう引き継ぎ業務すらできずに若狭の原発の電線はどう配置しているのか、大丈夫なんだろうか」と真っ先に高槻市民は考えるんだから。
これも6/26の株主総会の議題になるなぁ。

高槻で送電線切断 病院など停電

(NHK)01月23日 18時10分
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190123/0011864.html

【市と関電 認識に違い】
停電の原因について、高槻市は23日朝、市道の地下に新たな水道管を敷設する工事を行っていた際に、大規模施設向けの2万ボルトの送電線、4本のうち3本を工事業者が誤って切断したと説明しました。
市によりますと、工事に先だって市と関西電力との間で協議を行ったということですが、切断された送電線については把握することができず、工事用の図面にも記載されていなかったということです。
高槻市は、関西電力とのやりとりについて詳しいいきさつを調査するなど原因を究明して再発防止に努めたいと説明しています。
一方、関西電力は、「工事管理者である高槻市と去年8月以降、複数回にわたって設備への影響について事前協議をしていて、その中で、図面を使って、地中ケーブルが埋設されていることを説明している。詳細なやりとりについては、現在、確認を進めています」とコメントしています。

======================================

もっとも高槻市といえば悪口雑言で乗客を罵倒する高槻市バスの運転手(昨年の11/3)もいる位だから公務員の質もしれたものでないが、1/23夜に松坂屋の京樽でお寿司を買えなかった恨みは大きい(松坂屋の魚屋は塩素臭くて嫌い)。

それにしても関西電力。ひどい話だ。

上牧行動主催者夫人によると「花ボラ作業日誌」に支障をきたしているというので、熱中症になりそうな時期の2つをキャッシュから復元してみた。

カテゴリー: 上牧行動 パーマリンク