私のような電磁波過敏症患者はスーパーシティ法のせいで死ぬだろう #スーパーシティ法案に反対します

この法案はなんでも竹中平蔵が作っているらしい。国家戦略特区がらみとか。コロナのどさくさ。これのために黒川を捨てたとか。
スーパーシティ法案って最近よく目にする。コロナのどさくさにまぎれて今日にも成立するといわれている。
コロナ感染死よりも、私はこのスーパーシティ法案のせいで電磁波過敏症悪化して死ぬと思う。
健康なヒトが羨ましい。でも、それってプライバシーと引き換えに命ながらえるんだろうけれど。
スマホなんか重たいもの持ち歩くはずないし、電波悪いのか聞こえにくいし相手も聞き取りにくいっていうし、そもそもコロナが怖いから外歩かないし。
位置情報を知らせることに同意していないし。でもそれで困ることってショートメールが読めないこと位だし、そんなダダ洩れ内容でなく郵便で文通したりしてるもん。それってプライバシー保護のため。
電源入れないし、持ちあるくこともしないし、オサイフ代わりにもしないし(できるけれど)そんなスマホだけれど、ワクチンが出回ってコロナが沈静化して外出できるようになったら使うと思う(電話帳と地図帳がわり)。
このところ「銀行ATM使わないでくれ」「クレジットカードの請求明細もスマホで管理してくれ」とかいうお願い文が郵送されるんだけれど、冗談じゃない。
請求書の郵便振込用紙を郵便局のATM使うのが怖いから「差額はカンパ」として千円札入れて郵便出してる人だっているんだぞ!紙じゃないと嫌なの!プリンタ買うしかないけれど5kg以下でページプリンタないのよね。
デモクラシータイムスさんのこの動画配信は素晴らしい!
そうかぁスーパーシティってひところ流行ったスマートシティのことかぁ。ここ10年位前から「日経エコロジー(今のESG)」でよく目にしていた。やっぱりあれかぁ。だてに会社で雑誌のコピーを取って保管していたわけじゃないなぁ。
 
==================

計画するのはアノ「加計特区」メンバー バラ色か?スーパーシティ特区~コロナの影の悪だくみ②20200519

コロナの影の悪だくみシリーズ、その2。
 
明日には成立してしまいそうな特区「スーパーシティ」を誕生させる法案。
アノ竹中+原コンビが進めます。
あなたの住む町がスーパーシティになると、あなたのあらゆる情報は一元管理され、
企業が実験場に使います。
自動運転、ドローン配達、ネットで医療、未来都市の先取りと言う
バラ色の話の影で失われるものを考えましょう。
ずっと貿易と共に特区を追いかけてきたアジア太平洋センターの内田聖子さんにうかがいます。
収録は、2020年5月19日 44分半
https://bit.ly/3gqAMHI
 
デモクラシータイムス. 
 
 
====================
5Gの安全性は?スマートシティ化で懸念される電磁波の悪影響
【歴史未来ラボ】2019年7月15日
http://brandnew-japan.info/archives/795
 
====================
 
コロナの裏側⑥ アフターコロナの世界 スーパーシティと言う黒い街
【よんどころない話】
https://lifegame.hatenadiary.jp/entry/2020/04/23/070513
カテゴリー: スーパーシティ法 パーマリンク